肌再生作用成分

タウリンを含むアンチエイジング

アンチエイジングに効果のある成分はいくつか話題になっていますが、なかでもタウリンは注目の成分です。
有名な栄養ドリンクなどにも配合されているので、その成分名自体はご存知の方も多いのではないでしょうか。
では、そんなアンチエイジング成分のタウリンは、どのような効果があるのでしょうか。

タウリンは、別名アミノエチルスルホン酸とも言います。
実はタウリンは、人間の身体のほとんどの臓器中に存在している成分です。
生まれてきた赤ちゃんにももちろんタウリンが存在します。

タウリンの作用は、血中コレステロールを減少させ、食物の脂肪を分解すると言われ、身体を健康に保つための有効成分です。
血液中の悪いものを排出しようと働いてくれるのです。
タウリンが不足すると身体が不健康になってしまうことは、この効果を見ても明らかです。

また、病気での発熱、ストレスを感じたときなどに、タウリンは尿として排出されてしまいます。
疲れを感じたときこそ、減ってしまうタウリンを補う必要があるのです。
そんな万能でありながら失いやすいタウリンは、実は意外な食物中に多く含まれています。

それは、イカやタコなのです。
疲れた時にはこうした食べ物を美味しく食べながら、タウリンを摂取してアンチエイジング対策をしましょう。

このページの先頭へ